女王の花

出版社: 小学館
出版日: 2008-08-26
亜国(あこく)の姫でありながら冷遇されている亜姫(あき)。幼いながらも母の世話をしながら、明るく生きる亜姫はある日、金の髪と天の色の眼を持つ奴隷の少年・薄星(はくせい)と出会う。境遇の違いを超えて、強い絆で結ばれる二人だったが、その先に待っていたのは…!?

この作品に投票したユーザー(2017)

  • kisui_saegiri
  • a0K3u1AsagaauWX
  • necco0213

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ