白妖の娘

出版社: 秋田書店
出版日: 2016-03-16
平安末期、信濃国で出会った直と十鴇。宮廷貴族の横暴により家族を失った十鴇のため、禁足地の森で「お塚様」の封印を解いてしまった二人は…!? 新解釈で贈るジャパネスク・ロマン。「玉藻の前」と「九尾の狐」の物語、ここに開幕!!

この作品に投票したユーザー(2017)

  • aqua_wind1126

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ