雑草たちよ 大志を抱け

出版社: 祥伝社
出版日: 2017-02-08
いつか、この日々を忘れたとしても、魔法の言葉が私を生かし続ける。『プリンセスメゾン』の著者が描く、地方都市に生きる女子高生達の切なくも可愛い青春群像劇。 たえ子:成績トップの転校生。マラソンが苦手。家でも学校でも寡黙。 久子(ひさこ):読書や分筆を好む文学少女。毛深いのがコンプレックス。 ピコ:徹夜でゲームをして目にクマができがち。がんちゃんの膝によく座る。 ひーちゃん:がんちゃんを毎朝迎えに来る幼馴染み。基本無表情。足が速い。 がんちゃん:朝に弱い。おしゃれが苦手。心配性で誰にも優しい女の子。 「素直になったら恥かくだけや。私は鋼鉄のバリアで自分の心を守るんや」地味で平凡な女子達にとって、人生はかくも厳しきもの。けれど時に、友人の言葉が生涯を照らす魔法に変わることもある。苦味も優しさも抱き込んだ目映い青春を描く傑作連作集。

この作品に投票したユーザー(2017)

  • pennzou
  • itohkyoko
  • c_ignobilis
  • H_Fukuma
  • shoko_n1229
  • kasamu_mangadai
  • youdie
  • harum_kurotani
  • john_and_mike
  • hatosato
  • a_kkii
  • chi4numa
  • usgY0424
  • bon_326
  • nekokishi
  • hisa_ppi
  • bayako1129
  • mujyo_tenkyo
  • mxixuxx
  • yakisobaaaaaaan
  • esper_remi
  • hikarock
  • Tartan105
  • poporinrin12art
  • maho1616
  • tofu03
  • cosmic_rocket

過去のランキング

2017年
第52位(27票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ