終わりのセラフ

出版社: 集英社
出版日: 2013-01-04
未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?

この作品に投票したユーザー(2017)

  • hujinoha

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ