ぼくは麻理のなか

出版社: 双葉社
出版日: 2012-12-07
友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行すること。いつものようにその娘を尾行していたら突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――。『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造最新作。「漫画アクション」にて連載。

この作品に投票したユーザー(2017)

  • murakooo4
  • bluewizard221

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ