昭和元禄落語心中

出版社: 講談社
出版日: 2011-07-07
編集者のコメント

ずば抜けた人間描写で他を圧倒する漫画家・雲田はるこ。そんな雲田さんが、同じく「人間描写」を生業とする噺家さんを題材に挑むときたら、面白くないはずがありません。粋な師匠と弟子との絡みにもニンマリ。人気急上昇中の実力派が心底惚れ込む落語の世界へようこそ!

編集者の一押しシーン&コメント

画像を拡大

名人・八雲に引き込まれてゆく与太郎の目つき。それは、落語をご一緒した際の雲田さんそのものです。描き文字で表されているのは「死神」という題目で、作中で重要な位置を占める噺の1つ。是非単行本でお楽しみください。

この作品に投票したユーザー(2016)

  • tamanya7
  • sharikko
  • ranaluta
  • a_hya_ko
  • birdreamoon
  • mcrocoptte
  • a_kkii
  • Co_s_mic
  • horurito
  • chome_peach
  • kc_x_sue
  • satoyukiiie
  • hal__a
  • kenzu870
  • yashiroweb
  • rovamimimi
  • tkyoukey
  • fum_sz

過去のランキング

2016年
第43位(18票)
2015年
第188位(7票)
2014年
第127位(5票)
2013年
第127位(6票)
2012年
第52位(12票)
2011年
第8位(21票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ