刻刻

出版社: 講談社
出版日: 2009-08-21
佑河樹里(ゆかわ・じゅり)は失業中の28歳。家では父・貴文(たかふみ)と兄・翼(つばさ)、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真(まこと)が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。 だがあり得ないことに、救出に向かった先で樹里たちは自分たち以外の“動く”人間に襲撃される。そしてパニックの中、異形の存在「管理人」が現れ…

この作品に投票したユーザー(2016)

  • genkixx

過去のランキング

2014年
第89位(11票)
2013年
第127位(6票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ