たいようのいえ

出版社: 講談社
出版日: 2010-09-13
「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい--」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!

この作品に投票したユーザー(2016)

  • kikura_ge
  • t88dc

過去のランキング

2014年
第127位(5票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ