ギャラリーフェイク

出版社: 小学館
出版日: 1992-08-29
雁作専門の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-、藤田玲司のもとに、衆議院議員の梶が、モネの「つみわら」の真作を売ってほしいと商談を持ちかけた。フジタは贋作だけではなく、裏では美術品のブラックマ-ケットに通じ、盗品や美術館の横流し品を取り引きしていることを知ってのことだった。その商談の様子を、S美術館の学芸員である酒井が見ていた。酒井はフジタに、芸術のなんたるかをわかっていない梶には、「つみわら」を売ってほしくはないと懇願する。

この作品に投票したユーザー(2016)

  • damedameBOM
  • robasian
  • suger2ruuune
  • yama_phs
  • satoyukiiie

過去のランキング

2016年
第227位(5票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ