江戸のたまもの

出版社: 小学館
出版日: 2016-06-30
いつの時代もどこの世界も、
人の心は優しく、そしてどこまでも温かい。

江戸の市井の人々が引き起こす悲喜こもごも。
そしてそれを取りなす温かい人情。
ついついほっこりとなる珠玉の短編集!

この作品に投票したユーザー(2016)

  • bonchi03
  • bookseller56
  • rare_and_baked
  • pokopokopokori
  • nemornega

過去のランキング

2016年
第227位(5票)

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ