アオイホノオ

出版社: 小学館
出版日: 2008-02-05
1980年代初め。大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

この作品に投票したユーザー(2016)

  • souko_sso

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ