流しの下のうーちゃん

出版社: 文藝春秋
出版日: 2016-10-28
芥川賞作家が漫画家になった!

27年間続けた教員を辞めた。
これで小説を書く時間はたっぷりできたはずなのに、
惰眠を貪るばかりで、執筆は一向に進まない。
書けない日常から、思考はいつしか逃避をはじめ、
気づけば異界の入口へと招かれていた。
うさぎのうーちゃん、巨女、仕事ぶりを見張る謎の男。

締切と逃走。労働と国家。
作家の日常と足取りをたどるうち、
深遠なる世界に足を踏み入れる、つげ義春的漫画作品。

この作品に投票したユーザー(2016)

  • kiri_miro_81W5

作品ピックアップ

nelja

「マンガの話をしよう」ネルヤ